イケダハヤトはブログのネタを探すのが上手い

writing

Sponsored Link




ブロガーのあなたはどうやってブログに書くネタを集めていますか?

僕はと言えば、日々購読しているRSSから気になるネタを選んで、気が向いた時に深掘りしてから記事を書いている。まぁこれはこれで全然いいんだけど、やっぱりスピード感で言うとあんまり良くない。僕は別にブログで飯食うぞ!なんていう大それた目標はそこまで現実的に捉えていないし、現状ブログに全力投球しているわけでもないから現状のスタイルで間に合ってるけど。

一方、ブログに全力投球している層はこんなんじゃ全然ダメで、良記事を量産するにこしたことはない。じゃあそういう場合、どうやってネタを拾い上げていくのかって話をしようと思う。

Sponsored Link



Twitterを上手く使う

さて、ブロガー界の大御所といえば、言わずと知れたイケダハヤト氏。先日書いた、アンチが多いということは「疎まれるほど優秀」ということだ | OINTOの記事内でも取り上げさせてもらったが、ブログ書いてて彼のことを知らない、なんて人はいないと思う。

そんなイケダハヤト氏は、ブログを書くにあたって、Twitterを圧倒的にうまく使っている。直近の記事で言えば、例えばこの#MacBookおじさん に見る、シェリングエコノミーの残酷。 : まだ東京で消耗してるの?という記事。これなんて、半分以上がTwitterの引用だ。

この記事が先述した「良記事」に当たるかどうかは別問題ではあるが、情報収集、発信をTwitterベースにまとめて、そこからブログ記事になりそうなネタを引っ張るという、非常にスムーズな連携が実現されている。

これは我々も見習うべき手法だ。

Twitterに限る必要はない

とは言え、別にTwitterにこだわる必要は全く無い。

Twitterはあくまでもツールの一つなので、目的さえ果たせれば何でもいいのだ。この場合の目的とは、情報収集、発信の出入り口を1つにまとめて、情報を拾い上げやすくするということ。それがFacebookだという人もいれば、新聞とメモ用紙という人もいるだろう。これは自分のスタイルに合う方法で全く問題ない。

ただ、ブロガーという性質上、SNSの利用は不可欠で、こういった情報収集、発信に一番適しているツールがTwitterである、というのは間違いではない。最近話題になったMastodonもTwitterライクなサービスではあるが、現状でいうとユーザー数の面で圧倒的にTwitterに軍配があがる。人が集まるところの方がビジネスはしやすからね。

ストック型メディアとフロー型メディアの融合

このTwitterを引用するという手法は、ストック型メディアであるブログに、うまくフロー型メディアを食い込ませる良い手法である。

フロー型メディアであるTwitterはその性質上、過去のものはどんどん廃れていく。それをストック型メディアであるブログに組み込むことで、Twitterの利用価値がさらに向上すると考えている。表面上はフローだけど、その裏でストックもされている。なんだかビジネスの裏を垣間見たようで面白い。

Sponsored Link




writing

\気に入ったらシェア/