今のアタリマエを脱する。株式会社キッズラインが提供する「働き方」

ok-nurse

Sponsored Link




「こんな低賃金でやってられない!」

文句だけは一人前に言うみなさん、こんにちは!複業による経済的自由を目指しているkeni(@_keni919)です。

アベノミクスによって経済成長し、株価も上がっていることは事実としてありますが、その裏で「普通の」日本人にとっては景気が上向いている実感など全く無く、むしろ度重なる税負担で可処分所得は目減りしている方が大半かと思います。

そんな折、よく言われている保育士の待遇について、以下の堀江氏のTweetが若干炎上していました。

誰でもできる仕事だからです

この発言は若干言葉足らずだとは思いますが、端的に真理を捉えた内容だと、僕自信は感じています。

Sponsored Link



誰でもできるとはどういうことか

誰でもできるということはつまり、「付加価値がない」「希少性がない」ということです。

保育士は「資格」がないと就けない職業なので、「希少性がない」というとちょっとこれは語弊があります。なので例えばわかりやすく「駐車場整理のおじさん」としましょう。

あなたが明日からバイトで「駐車場整理のおじさん」をやってください、と言われたらどうでしょう。能力的にやれそうですか?最初は戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れ、きちっと仕事をこなせるはずです。

これが、「付加価値がない」「希少性がない」ということです。文字通り、「誰でもできる仕事だから」ですね。

これを突き詰めて考えると、保育士に必要なのは「資格」だけで、向き不向きはあっても「他の人と差別化できる能力」が何かあるかと言われれば、「ない」と言わざるを得ないでしょう。もちろん、保育士は保育士で大変なのは認めますが、能力的な部分で言えば希少性はないと言えます。

誰でもできない「付加価値」をつける

「付加価値」がなく「希少性」が出せないなら、それを押し出せばいい、というのが株式会社キッズラインが提唱する働き方です。

保育士の給与が低く、長時間労働などが強いられ、潜在保育士が役80万にともいわれる中で、最近、「保育士シッター」として復職する潜在保育士が増えている。人気の保育士シッターは、プロとしてお子様の安全な保育はもちろんのこと、家事や家庭教師なども幅広く対応することができるため予約が殺到している状況だ。

そのため、月収70万円を超えるシッターや、独自の育児スキル「モンテッソーリ」や「バイリンガル」などが可能なシッターは4時間で3万2000円を売上をあげるなど様々なシッターが活動している。キッズラインは、シッター自身で自由に時給や働き方を設定することができるため潜在保育士に人気だ。保育士としての資格を活かしながら、保育園勤務では実現できない、自由で高給な働き方が実現できる。
引用元:年収1000万円も目指せる保育士の新しい働き方- キッズライン

ここで重要なのはやはり「「モンテッソーリ」や「バイリンガル」などが可能なシッター」という希少性が市場価値として表れている部分でしょう。

それと同時に、サービスとしては、既存の枠組み(通常の保育園、認可/認可外含む)では提供できなかった価値を提供することができるし、労働者としては、既存の枠組みでは得られなかった市場評価を得ることが出来ています。

こういう「新しい働き方」を提供するサービスは今後増えてくるだろうし、我々利用者側も積極的に使っていくことで、業界全体、また日本経済全体が大きく発展していくキッカケになるのではないでしょうか。

自分自身の「付加価値」「希少性」

ところで、自分の「付加価値」であったり「希少性」は、なかなか自分では気づきにくいものですよね。

なので、「自分が出来ること」をまず書き出すことが大事。自分では大したことないスキルでも、他人にとっては重要なスキルだったりすることもあるので、細かいことでも書き出す。マインドマップなんかを使うと自然に広がった自分のスキルツリーを描けます。

そしてそれを掛け合わせられる分野を見つければいいわけです。掛け合わせることのメリットは、「西野亮廣「僕はこれで100万人に1人を目指す」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準」にもあるように、レアな人になれるってことです。

別にこういう表立った人だけがレアな人ではなく、あなた自身の潜在スキルも掛け合わせて十分にPRできれば、それは今以上のお金を生むのに十分すぎるくらいのスキルがあるはずです。多くの人は、ただ、気付いてないだけなんです。

僕の場合だと、(自分で言うのもなんですが)ITスキルと教えるスキル、フレンドリーに接する社交性があるので、IT初心者向けの講習会なんかができますね。ターゲット層は高齢者、幼児、もしくは詳しいようで実は疎い若者なんかがターゲットになるでしょう。

こうして考えていけば、きっと何かはあるはずですよ。あとはうまく組み合わせてPRするだけ。

余談:エンジニア募集中!とのこと

何気にTLを眺めていたら株式会社キッズラインCTOの経沢氏のTweetが目に止まったのでつぶやいてみたところ、、、

絶賛エンジニア募集中とのこと。ちなみにWEBはRuby、ネイティブアプリもあります。

気になる方はぜひ!

Sponsored Link




ok-nurse

\気に入ったらシェア/