鈴木利典さん著、「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」は「超」初心者なら読むべし

money

Sponsored Link




以前話題に上がっていて気になっていた本、「プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト」を読んだ。

鈴木さんと言えば、鈴木です。別館ではてなブログでも活動されてる有名なブロガーさん。結構ホッテントリ入りもされているので、気付かずに読んでいる人も多いかと思う。

なお、ご本人のエントリでも本書籍の執筆について書かれている。

僕は、「超」初心者ってわけでもないので、正直そこまで参考にしたい内容っていうのはなかったんだけど(すいません)、本日は僕目線で、この本から得られた内容をお伝えしていきたい。

Sponsored Link



はじめに:この本に書いてある内容

この本は、上記に挙げた著者のエントリでも述べられてる通り、「超」初心者向け。

今回の本はネットで買い物はしたことはあるけど、アフィリエイトはおろかブログも書いたことが無い方を想定して書いているのである程度既に収入やPVがある方にはあまり参考にならない内容になっています、自分で言うのも何ですが。

僕は「超」初心者ではなかったので、そもそものターゲットから外れている。ただ、マネタイズという面だけみればヒヨッコも同然なので、得られる内容は、もちろんあった。

「超」初心者向けということで、

  • アフィリエイトって何?
  • どうやって稼げばいいの?
  • どういう記事を書けば稼げるの?

というようなことが書いてある。まさに、「今」からアフィリエイトを勉強しようかっていう人、既にアフィリエイトを始めているけど全く売上が立たない人向けの本。そう、まさにあなたのような。

逆にちょっとでも収益上がってる人はこの本を読む必要はないんじゃないかなぁ。

それなりに記事も書いてコツも掴んでるけどイマイチ伸び悩んでてつらい、、って言うあなたには、「ブログ飯」の方が断然オススメですよ!(精神論的な意味で)

この本を読むべき人

前述した内容と重複するけど、以下のいずれかに当てはまる人は、読む価値アリ。というか、ぜひ読むべき。この本の内容を念頭に入れて記事を書いていけば、確実に収益は上がるはず。ま、もちろん個人差はあるんだけど。

  • これからアフィリエイトを始めたい人
  • 全く収益が上がらず何をしたらいいかわからない人
  • そもそもどうやって収益を上げればいいかわからない人

あなたは当てはまりましたか?当てはまったあなたは続きをどうぞ。当てはまらなかった方はさようなら。

心に刺さったフレーズを紹介

さて、書籍レビューということで、ここからは本書で気になったフレーズを紹介していく。

アフィリエイトで収益を上げるための基本は3つだけです。継続すること、相手を思う気持ちで記事を書くこと、そして楽しんで行うことです

なんだこれだけ!超簡単やん!と思ってしまうんだけど、これがクッソ難しいことは言うまでもない。特に僕個人の話で言えば「継続すること」ってのが一番ハードル高い。つら。

一番購入していただけるユーザー層は当然ですが「すでにある商品を買うためにネットで検索をしている人」です。

ターゲットを明確に意識して、その層に対して記事を書けばいいんだよ、と。例えば僕みたいに雑記ブログだらだら書いてるようじゃあダメだと。商品売れないですよ、と。SEOを意識して、買ってもらえそうなキーワードで上位を狙っていけば自然と結果はついてくる。うん、そうだね、知ってた。

アフィリエイトで効果があるものの一つが、「体験談」です。

「らしい」ではなく、体験談から断定する。「オリジナル」の口コミってのが一番やっぱり響く。実際僕も何か商品を買う時は、基本的に個人のブログの記事を参考にしている。考えてみれば当たり前で、スペックだけ並べられても別に買いたいとは思わないですし。それよりも使い勝手どうなの!?どういうユースケースで使い勝手がいいの?悪いの?という実体験に基づくレビューが価値がある。

たとえば、「このパソコンなら、デジカメで撮った写真や動画を編集するとき、メモリが16GBもあるので快適です」と書いたほうが売れやすくなります。

上記に絡む話で、読者にとって「何が価値があるのか」を明確に示してあげることで購入後のイメージを想像させることが、収益にも繋がる。どちらにしても、自分で体験してみないとってことね。

たとえばダイエットという視点でアフィリエイトをしようとした場合、何を売りますか? サプリメントですか? トレーニングジムですか? 特保のお茶ですか? もしこれくらいしか思いつかないのであれば、少し頭が固いかもしれません。私ならお弁当を売ります。実際に利益も出ています。疑問に思うかもしれませんが、カロリー制限をした冷凍食品のお弁当が販売されているので、それをダイエットに絡めています。

これは正直になるほど、と感じた内容。視点を変えることで、絡められる商品にも幅が広がるわけか。この例で言えば、ダイエットしたい、けど運動したくない(運動すれば痩せられるのなんて当たり前)という人が検索すると想定して(実際そういう層が大多数だと思う)、そこにマッチする商品を提案する。うーん、これは、、すごい。

また、収益に直接関係ないことも書く必要があります。たとえばクレジットカードのアフィリエイトでは、紹介する記事ばかりではなく、決済などのしくみを紹介するのもよいかもしれません。商品に関連する役立つ記事や雑学なども書くことで、ブログのファンが増えていきます。

これもちょっと自分が陥りそうだったので。このブログは一応お金絡みのトピックを取り上げようと思っていて、今後は僕が活用しているサービスやらテクニックやらを公開していくつもりでいます。で、金融系ってのはアフィリエイトが大量にあって、ついつい全部の記事をアフィリエイト絡みで書いてしまいそうになる。それも当然、ストック収入の為に書いてるブログなので。

でもそうじゃないんだと。ファンを作ることも大事なんだよ、ということを再認識させられた。

アフィリエイトは続けることでしか成果は発生しないのです。

真理。いうことはない爆

筆者の経験上、テキスト広告のほうがクリックされやすいです。

これは僕も感じていたことで、自分の場合だったら、バナーが出てるのはいかにもって感じでなんか敬遠しちゃいがち。まあ最後の方に貼ってあるのは特に気になりませんが、文中にあると、アフィリエイト押し出しすぎ!って感じで、好きになれない。まぁ僕、AdSenseいれてるんだけどね!

僕も極力アフィリエイトリンクはテキストを使うように心がけている。

一番効果がある方法は、読者を「ワクワクさせる」ということです。ネットで商品やサービスを申し込んだとき、それが使えるようになるまで「待ち遠しくてたまらない」という気持ちになった経験があるのではないでしょうか。

僕、これ、経験あり。最近で言うと、WealthNaviを申込んだ時。早く運用始めたい!とワクワクが止まらなかった。というか、今でもまだワクワクしてる。こういう体験を与えることが出来れば、最高だね。

ユーザーは、びっくりするくらい単純なことを調べたいと思っていることも多いです。一度、「Yahoo! 知恵袋」を1時間くらい見てみてください

知恵袋の例がいいか悪いかは別にしても、一般人は本当に無知。それはもう、やばいくらいに。無知だけならまだしも、調べようともしない。例えば、僕のブログ、アフィリエイトの知識は、自分の中では「人として生きていくのに最低限必要な一般常識」レベルだと思っていたんだけど、実は全くそんなことはなかった。一般人と比べると、むしろ知識がある方。なので、ちょっと調べればわかることでも、ちゃんと開設してあげることって、面倒くさいけど重要ってこと。

「皆さん」や「ここを読んでいる全員」というような、不特定多数を表す言葉ではなく、「あなた」「君」「You」というように、読んでくれている人1人に語りかけているということを表してください。

なるほど、、、ということで本エントリでも早速使ってるよ!気づいたかな?

確かに「皆さん」っていうより、「あなた」って言われたほうが、え?俺のこと?ってなりそう。ブログは文章なんで、目を見てあなたっていうことは出来ないけど、まぁそこは手腕なのかなー。

おわりに

こうして振り返ってみると、気になったフレーズはたくさんあったけど、グサッと刺さるフレーズはなかったかも、という感じ。もちろん、参考になるフレーズはたくさんあったんだけど、まぁどこでも言われているような「超」基本の内容だったかな。

これは冒頭でも言ったけど、「超」初心者向けの本ということで、僕がターゲット層に入ってなかったのが原因なんだけどね。

「超」初心者のあなたは読むんだよ。本エントリで取り上げた以外にも役に立つフレーズはたくさんあるから!これまじ!

Sponsored Link




money

\気に入ったらシェア/