田口智隆著、11歳のバフェットが教えてくれる「経済」の授業を読んだ感想

people

Sponsored Link




最近また投資意欲が高まっており、dマガジンで東洋経済やら日経の雑誌を読み漁っている。そんな中、ふとバフェットに関する本が積ん読にあったな…?というのを思い出し読んでみたので、その感想(レビュー)をまとめておこう。

結果としては、うーん、といった感じ。タイトルにもある「バフェット」を期待して読んでしまうと、完全に期待外れ。全くバフェットについて触れられていないわけでもないけれど、ほんの少しのエピソード紹介に留められている。その半面、経済や金融の初歩の初歩を楽しみながら感じたいという人にはいいかも。ただし、内容は完全に小学生向け。きっとこの本はそういった層に向けて書いた本なんだろうけど、もうちょっと内容を詰めてほしかったというのが正直なところ。

Sponsored Link



経済、お金について説明できますか?

経済ってなんだろう?お金ってなんだろう?

僕らが生きていく上で避けて通ることは出来ない経済とお金。でもそれを説明してと言われて、実際に説明できる人っていうのは、なかなかいない。かくいう僕も幼少期にお金に関する教育なんてこれっぽっちも受けてこなかったし、つい数年前まで経済もお金もほとんど無頓着だった。関心を持ち始めたのは、資産運用を考え始めてからだから、まだまだヒヨッコだ。

そんな金融教育を全く受けてこなかった僕達日本人にとって、経済とお金を真剣に考え始める第一歩としては、本書籍は大きな役割を果たす。逆に言えば、ちょっとでもかじった(大学教育レベルでOK)程度でも知識があれば、「そんな当たり前のことじゃないか」というような内容が羅列してある。

ただ、この本を読めば、類人猿程度の金融知識しか持たない僕にでも、小学生に教えられるくらいにはなったかな、と言えよう。

バフェットのエピドードが…?

冒頭でもことわっておいたが、この本はバフェットに関する本ではないということ。タイトルでは「バフェットが〜」って言ってるけどね。完全に名前だけ借りた本。

とは言っても、全くバフェットについて載ってないかと言えばそうではなく、エピソード紹介くらいは載っている。僕はバフェットについてはそこまで興味はなかった(もちろん名前くらいは知ってるけれど)ので、知らないエピソードとかもいくつかあったけど、多分どれも有名なエピソードなんだろう。

正直、バフェットの名を冠する本としては、物足りない。いや、物足りないレベルではない。このレベルでバフェットの名を冠するのは正直おこがましい。

総評

ターゲットが明確になっているだけに、万人にオススメできる本ではない。ただ、これまで経済やお金について真面目に考えたことのない人や、右も左もわからない青少年には、非常に有用な本だ。ただし、この本は興味を持つキッカケ程度にしかならないので、詳しく知りたければ他の書籍を読み漁る必要はあるけどね。

Sponsored Link




people

\気に入ったらシェア/