「毎日続ける」ことの難しさと、重要性を再認識する

blogger_oldman

Sponsored Link




毎日続けていること、ありますか?

みなさん、おはこんばんにちは。三日坊主常習犯のkeni(@_keni919)です。

「続ける」という行動は、簡単なように見えて実はものすごく難しいものです。もちろん、それが好きで好きでたまらないようなものだったら、それを苦に感じることはないでしょう。

でも一方で、「やらなきゃいけないこと」だったら?何かと理由をつけてサボりたいと思ってしまうのは、人間なんだから当たり前。

でも「続ける」ことは重要で、「続ける」には技術が必要。今日はそんな話をしましょう。

Sponsored Link



「続ける」ことはなぜ重要なのか?

継続は力なり、です。

ただダラダラと続けるのと、明確な目的意識をもって続けるのでは、もちろんその結果に差は出ますが、少なくとも「何もしない」ことより得るものは明らかに多いです。

例えば、「ブログは毎日書きましょう」というアドバイスは、初心者であれば誰しもが受けるアドバイスでしょう。これには、「続けることの重要さ」がこれでもかというくらい詰め込まれています。

当然毎日書けばそれは習慣化するし、毎日書けばスキルも上がる。さらにはSNS上で「ブログを毎日書く人」だと認識されれば、固定読者もつきやすくなる。それは、毎日続けない人と比較して、時間が経てば経つほど埋められない差になります。

先日、「最初に力を入れるSNSは1つでいい。」という記事を読みましたが、ここでも継続することの重要性は説かれています。僕みたいなペーペーが言うよりもよほど説得力がありますね。

一番重要なことは、意志を持って毎日続けることです。

そして、結果がでるまで諦めないこと。

「続ける」という意思だけでは続かない

とはいうものの、続けること自体は非常に難しいものなんです。

「やる気」が尋常じゃないほどあれば別ですが、殆どの場合はそうではありません。僕自身、ブログを書くのは好きではありますが、やる気が尋常じゃないほどあるとは言えません。映画みたりマンガ読んだりするほうが楽しいですしね。

なので、「やる気」だけに任せて継続しようとしても、土台無理な話なんです。それが生死に関わるほどの事態であれば別ですが、ほとんどの場合そうではないですよね。僕のこのブログだって、別に毎日書かなくても死にはしません。

実際に僕が意思だけで続けてみた結果

では実際に僕はこのブログを「やる気」だけで継続させてみた結果どうなったか。

もちろん「毎日書く」という目標を掲げた上で、ちゃんと書けたか。

結果、全く書けませんでした。書く時は一気に書けるんだけど、気分が乗らない時は全く書かない。書く気力すらないし、そもそも書こうとも思いませんでした。ブログ書くの、好きではあるんですけどね、、結果この体たらくです。

当然ですね。「やる気」だけじゃ継続することは難しいですから。

意思だけで続けられる人はいる。だがそれは一般人には難しい

一方で、「やる気」だけで継続できてしまう猛者はいます。

ただ、それはレアケース。非常に珍しいでしょう。僕らレベルの一般人では、なかなか真似できません。

しかしこういうレアケースが目立ってしまい、やる気があれば継続できる、という一般論が出来上がってしまっています。だから「僕には続けられない」となり、続ける行為自体を諦めてしまう。

でも、実際はそうじゃない。「やる気」だけで継続するなんて、そんなことはないんです。

「続ける」には技術が必要

前述したとおり、「やる気」だけで継続することは非常に難しい。

じゃあどうするか。

「続ける技術」を身につけることです。

そう、続けるのは「やる気」じゃない。「技術」なんです。その技術はどうやって身につけるか?小難しい本を読むのもいいですが、僕はまずはサクッと入門することをオススメします。小難しい本は読むだけで疲れちゃいますからね。

オススメの本は、「まんがで身につく 続ける技術」▼

関連記事はこちら▼

【Kindle5周年記念キャンペーン】「まんがで身につく 続ける技術」はブロガーにこそ読むべき本 | OINTO

専門的な知識でいうと、正直この本だけじゃ物足りないかもしれませんが、入門用としては最適。最初に挫折してちゃあ、それ自体諦めてしまいますからね。

「技術」を学べば誰でも続けることはできる

「技術」と言っても、そんなに難しいものじゃあありません。

ちゃんとやれば、誰でも身に付けることができる、そういった類のものです。ただ、「ちゃんとやれば」ってのは忘れてはいけません。ここで手抜きしてしまうと、しっかりとした技術を持たずに先に進んでしまうことになります。

結果的に間違ってなければいいんですが、間違ったまま突き進んで、後から時間的損失に気づいても、時間は取り戻せません。「ちゃんと」学びましょう。ここさえちゃんとやれば、あとは自分がやりたいことを継続するのは、簡単です。

「意思」と「技術」、どちらが自分にとって現実的か

もしかするとここまで読んで、技術を学ぶなんて嫌だ、と思われている方がいるかもしれませんね。

まぁ正直僕も最初はそう思ってました。だって、続けるのに技術が必要だなんて知りませんでしたから。でも、今はもう知っています。続けるのには、技術が必要です。やる気じゃない。

今後も「やる気」という意思の力だけで頑張っていくのもいいですが、「技術」を身につければ、苦もなく継続することができます。むしろ、楽しみながら継続することができるんです。

もちろん「技術」を学ぶのに多少の時間は必要ですが、それを知らずに意思の力だけで今後も継続を試みるのであれば、明らかに前者の方が効率的で精神的にもいい。

さぁ、どちらが自分とって合っていますか?

おわりに

続けること自体は非常に重要だということはみなさん熟知していますが、一方で、続けること自体に技術が必要ということは意外と知られていません。

これを機会に「続ける」ための「技術」を学んで、今後の人生を豊かにしてみませんか?

関連記事はこちら▼

【Kindle5周年記念キャンペーン】「まんがで身につく 続ける技術」はブロガーにこそ読むべき本 | OINTO

Sponsored Link




blogger_oldman

\気に入ったらシェア/